読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屑籠

小娘の思考をぽいぽいゴミ箱に捨てるだけの簡単なお仕事です。

知らない事と知ろうとしない事

無知は罪だなんて言うけれどソクラテスのように知らないということを知っているならその人は罪人ではないということなのかしら
結局人と付き合っていく中で、こうすればこの人はこうする、こうすればこう思うだろうなんてのは経験やら感やらで分かっていくけども私自身をどう思われているかなんてなかなかわかることではないわよね
好きじゃないんだろうなって言うのは薄々気付いてた
伏線を張りまくる人種なのだけれどあの人は伏線もフラグも知ったこっちゃないのだろうなぁ
と思いつつ完全にここなら見ないだろうということに気が付いた
繋げていたはずの手が繋げなくなって話したくてどうでもいいような事でLINEを送っていたはずが送るのが怖くなって毎日笑いあっていたのが顔を見て話せない有り様である
一体何故か
あるはずの好意が見当たらないからである
薄々感づいていたというか、違和感を覚えていた
触れてはいけないという空気があった
きっと手を触れるのも抱きしめるのも拒否はされないだろうけど喜ばれてもいないのだろうと
そんな変化すら感じないバカだったら少しでもまた変わったのかしら
ある種の馬鹿であることにはまぁ、変わりないけども…
でもその時の私は変化に名前を付けることを先延ばしにした
疑問を付くことも付いた先に何かがあることを察して何もしなかった

私はただの臆病者であり、精神異常者でも基地害でもない
そう思われるのならその誤解を解こうともしない様なやつだけどただの臆病者だ
あの人も臆病者だ
さっさと言ってくれればよかったのに
もし私が連絡しなかったらどうなってたの
言いたくもない別れを言わなかったらどうなってたの
別れたい訳では無かったけど自然消滅はもっと嫌
好きか好きじゃないかもわからないから
期待してしまうのと期待してしまう自分が気持ち悪くていたたまれなくなるから
でもこの気持ちも薄っぺらいなんていうのね
そっかそっかもういいよ私のこの気持ちは私だけが知ってればいいもの
勝手にずるずる引きずるのは私だけで十分だしこれですっぱりと忘れられるでしょう
良かったわね

無知は罪って、あなたが言ったのよ

なんて恨みがましいことは言わないけども
ただ怒ったし傷付いたわ案外硝子のハートなのよ(ただし防弾硝子)
硝子って硬いけど熱を与えられなければ壊れた時に元に戻らないのよ
不純物が入れば綺麗な色にもなれないしね
何でこんな口調なのかしらね馬鹿馬鹿しい
馬鹿馬鹿しい🤗🤗🤗🤗🤗🤗
は~馬鹿だな私もアンタも
最低だって思ってるわよ、忘れたいとは思えないけど
出会ってからずっとアンタに恋をしてたのよ忘れられる訳ないじゃない忘れられるわけが無いじゃない
どうやったら忘れられるのか教えなさいよ
もうほんとダメ、感情が高ぶるとツンデレのテンプレみたいなこと言っちゃう
ツンデレは可愛い子じゃないとただの面倒なやつってこと知ってるわよばーか
あーあーあーー
もう、あんたなんて大っ嫌いなんだから
と文字で打ってみても気持ちなんか変わりはしないからどうしようもない
きっとアンタが私を忘れても私はアンタを覚えてるわ
8年間好きだった人を忘れられるほど私は馬鹿じゃないの
アンタは馬鹿だから進めるでしょ
ほんっと無知って罪よね